常陸秋そば】そば粉・丸ヌキそばを真空パックで販売いたします/農家直送のイワセアグリセンター

有限会社 イワセアグリセンター

ご注文はこちら
バナー


ご注文


 

お客様の声


営業マンブログ

 



HOME»  こだわりの蕎麦作り

こだわりの蕎麦作り

 玄ソバの最高峰「常陸秋そば」

常陸秋そば
            そばの花
常陸秋そば

 

「常陸秋そば」は、全国で好評価を得ています‼

茨城県の奨励品種「常陸秋そば」は「玄ソバの最高峰」と呼ばれ
全国のそば職人の皆様から高い評価を受けています

評価が高い3つの理由
 1.大粒で粒揃いが良い
 2.風味に優れている
 3.単一栽培により品質にばらつきがない

 当社では「常陸秋そば」100%生産です
  他の品種は栽培していません

当社及び契約農家が作った「常陸秋そば」を直送します
農家直送です

 

当社の取材をしていただいた
【うまいもんどころ】さんで 
常陸秋そばの特集を組んでいたのでご紹介いたします                      


詳しくはこちら

【会社取材内容】
http://www.ibaraki-shokusai.net/seisan/shohin017.cfm                                                                 


 

  素材にこだわるお蕎麦屋さんに選ばれる理由!  

《 1. 真空パック包装 》

真空アルミパック包装  

真空アルミパック包装で新そばキープ!!

◎真空アルミパック包装で鮮度をキープ‼
   ・紫外線による劣化を防ぎます
   ・空気による酸化を防ぎます
   ・乾燥を防ぎます 
  これで、いつまでも新そばの色・風味を楽しめます

◎8℃の冷蔵保管でそばを眠らせ新鮮さキープ
    2月までに玄ソバを真空アルミパックにして保存します
    この玄そばを「丸抜き」・「そば粉」にします

◎「丸抜き」・「そば粉」を真空パック包装にしてお届け‼
  (そば粉には真空と同時に窒素ガスを封入しています)

だから、おいしさそのまま新そばが楽しめるのです。




 アルミパック包装は、1つ1つ手作業で行います。

【丸ヌキそば】
真空アルミパック包装
【早刈りそば粉】
真空アルミパック包装
真空アルミパック包装にしているところ

 

《 2. 石臼挽き そば粉 》

蟻巣石の石挽きそば粉

蟻巣石の石挽きそば粉

 

石臼挽き そば粉
当社の石臼(蟻巣石)で手間をかけ ゆっくり挽きました
 


◎蟻巣石の石臼だから
  ・製粉時に熱を持ちにくい
  ・そばの組織を壊さず挽くことができる
  ・本来の風味を損なわずに挽くことができる

◎製粉方法
  ・そば粉は、丸抜きしたそばの実を挽きぐるみで製粉しています。


【そば粉の特徴】
  ・真空パック保存しておいた丸抜きそばを蟻巣石の石臼でゆっくりと挽くため、
   しっとりして まとまりやすく打ちやすい粉に仕上がります。
   また、打っているときのそばの香りが良いと好評の「そば粉」です

 

《 3. そばは畑のみで栽培 》

畑のみで栽培

 

畑のみで栽培しています

◎桜川市岩瀬地区は
  そば栽培に適した土壌及び地形をしています
  ・南向き及び西向きの斜面
  ・水はけが良い火山灰土の畑等が上げられます

◎茨城県奨励品種の「常陸秋そば」を畑のみで栽培しています。(田んぼでは作っていません) 
 こだわりのお蕎麦屋さんは「田んぼに作ったそばを味が落ちる」と、言って嫌います。
 当社では畑のみで栽培しておりますのでご安心下さい

*作物はその土地にあったものを作るのが
一番無理がなく美味しいものができると思うのです

 

《 4. 刈取りは 早刈り 》

収穫(早刈り)

 

色・香りにこだわって収穫は早刈り‼

早がりとは、黒化率70%での収穫のことで、
そばが緑色の時(黒くなる前に)に刈取りをすることです

 早刈りのメリット
 ・抜き実(丸抜き)及びそば粉の緑色が強くなる
 ・見た目及び香りが優れている

 早刈りのデメリット
 ・作業がしづらくなり、収量も低くなります
 
全国の素材にこだわりのお蕎麦屋さんは、
早刈り(緑色のそば)のそばでないと納得してもらえません‼
ですから、早刈りにこだわっています

 

《 5. ゆっくり乾燥 3日間! 》

遠赤外線乾燥機  

風味を損なわない乾燥‼遠赤外線の乾燥機使用)

◎自然乾燥に近づける
 3日かけてゆっくり乾燥し風味を損なわないように
 きめ細かな水分調整を行っています


  
初目の2日間は常温送風
  ・3日目に火を入れて乾燥させます

じっくり乾燥が「丸抜きそば」「そば粉」の高品質の条件に欠かせません。
ですから慎重に行っていきます。

 

 新たな取組み


近年ミツバチが少なくなってきたと言われています。
他家受粉するソバは虫による受粉で交配されます。
どこで、二年前より、養蜂家と手を組んでミツバチさん達に交配を促す取組みをしています。

 

ミツバチ
 

 

ミツバチ